青空な日々

ITエンジニア関連で興味あることをアウトプットして共有したいブログ

今年、最もセイチョウしていること

はじめに

この記事は#セイチョウ・ジャーニー Advent Calendar 15日目の記事です。
アドベントカレンダーはこちら。

adventar.org

昨日はgrem_itoさんでした。
記事はこちら

というわけで、この記事の内容について。
他のアドベントカレンダーでも今年のセイチョウを書いているので、
この記事では今年、自分が最もセイチョウしている事を書いていきたいと思います。

今年もっともセイチョウしていること

物事をネガティブに捉えずにただ真剣にやることができるようになったこと。
これが今年最も成長しているなぁと感じています。

気が弱く、ビビりで、気にしいな性格

もともと気が弱く、ビビりで、気にしいな性格なので、
以下のようなことは嫌いだし苦手だし恐怖を覚えていました。

  • 知らない人と話す(話しかける)
  • 知っている人でも話すと疲れるので基本は一人が良い
  • 知らないコミュニティに参加する
  • SNSで交流する
  • 新しいことを始める
  • 人から何か言われる
  • 人に嫌われてしまう

これらはすべて、それらをやることの辛さや、やったこと、やってしまったことで後悔する事を恐れていました。
もちろん頭や理性では楽しいこともあるということはわかっています。
ですが、どうしてもネガティブなほうに気を取られてしまっていました。

また、過去にやらかしてしまったことや失敗が、脳裏からずっと離れずそれが足枷となっていました。
"やらかした"と言っても大した事ではないのです。
ちょっと空気読めなかったなぁとか、スベったなぁとか、うまく話に入れなかったなぁとか…。
そんなようなことが、フラッシュバックのように脳裏をよぎり腰が重くなってしまっていました。

もちろんどれも単なる気にしすぎなので気にしなければいい、と言えばそれまでなのです。
ですが、そうネガティブに感じてしまう、ネガティブに考えてしまうことがダメだと思っていたので諦めてしまっていました。
自分でもポジティブに考えたいなぁと思っていましたが、
やり方がわからないし、絶対にネガティブにならない保証などない。自分には無理なのだ、と。

みなさんもそんなことはないでしょうか?

そんなとき知った人、知った本

今年、いろんな方やいろんなコミュニティを知って思ったことですが、
楽しそうにしている方は私と同じような悩みを抱えつつも"いまやるべきこと"に集中していらっしゃる方が多いと思いました。
まただれも現在に対する愚痴や文句、過去の後悔、そして未来への不安ばかり言っている人はいませんでした。
いま楽しいこと、将来やってみたいこと、実現したいこと。
そういったポジティブな話題が多いと感じていました。

そんなときに岸見 一郎さん、古賀 史健さんの「嫌われる勇気」に以下のようなことが書いてありました。
これを読んだときものすごい腹落ち感がありました。

ネガティブに考えてしまうことが問題なのではなく、
自分がやりたいと思うことはただやれば良い。
やる前にいろいろ思ってしまうのは自分がやりたくない理由を探しているだけなのだ、と。
やれば前に進めますが、やらなければ前に進めません。ずっとそのまま。何も変わらない。
どちらか楽しいのか?どちらを選びたいのか?聞かれるまでもありません。

この考え方はこの本のごく一部分にしかすぎないのですが、これを知った時にこう思いました。
自分は、難しく考えすぎていただけのではないか?と。

シンプルに、やりたいことがあるならばやれば良い。
ネガティブに考えない、思わないようにする努力や方法を考えることに時間を使うのではなく、
思っても考えても目の前のことに真剣に集中する努力をする。
たったそれだけで良いのだ、と。

今年のセイチョウ=物事をネガティブに捉えずにただ真剣にやること

過去の失敗や未来への不安(物事をネガティブに捉えること)はおいといて、ただ真剣にやること。
自分にはできないと思っていたことでも、それができている人(できているように見える人)や、
本で考え方を"知った"ことでやれるようになりました。
最初に書いた通り、これができるようになったことが今年一番のセイチョウだと思っています。

なお、いまも完璧にできるわけではありません。
いまでも「失敗したらどうしよう」とか、「マサカリが飛んてだきたらどうしよう」とか、
そういったことを考えて躊躇することはあります。
それでもそこで諦めず、エイヤで飛び込んでみたり、
逆に冷静になって不安に思う点を詳しい人に聞いてみて納得してから初めてみたりと、
自分なりに工夫して実行に移せているのは大きなセイチョウだなぁと感じています。

ちなみにいまも努力していることなので、
イチョウ"したこと"というよりはセイチョウ"していること"という表現にしました。

おわりに

というわけで、セイチョウ・ジャーニーAdvent Calendarでした。
今年は技術的な勉強や趣味に関する勉強、それ以外にもいろいろな本を読みましたが、
自分のメンタル部分のセイチョウが一番かなぁと思い、このような内容になりました。
まだまだ様々な面で未熟者なので、来年も精進していきたいところ…。

この#セイチョウ・ジャーニー Advent Calendarですが、明日はゆのんさんですー。
イチョウ・ジャーニーの著者の1人…!
期待しちゃいますね!

最後に宣伝を…。
note.mu


今年の冬コミ親方さんが主催した合同誌、
「ワンストップ見積もり」本に寄稿させていただきました!
私は第4章「2点見積もりと振り返りのススメ」を書きました。
他にも上流工程のいわゆる工数・金額的な見積もりから、
タスクレベルの見積もり、
そして見積もりに関する様々な人の事例やコラムが掲載されています!
必見です!!!

電子版もありますので、冬コミ行けない人も是非是非!
ごめんなさい、電子版は未定でした…。
よろしくお願いします〜!